ニュースNews

2020.3.13非常時の便乗商法の危うさに関して

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりませんね。

中国国内ではだいぶ落ち着いてきたという風潮に変わってきているそうですが、観光大国のイタリアでは今なお感染者が増え続け、飲食店やホテルにかつてない程の大打撃を受けているようです。

日本国内も一日中コロナの話題でニュースが飛び交い、専門家の方々がいろんな立場からの見地を話されています。それでもなかなかスッと府に落ちるような感覚にならないのは、まだまだコロナ対策としての明確な答えが出てこないといったところが大きいでしょうか。

こういった事態に必ず起きるのが、【便乗商法】と言われるものです。

今回のコロナでもやはり便乗商法が今増えてきていて、消費者庁のサイト等を見てみると注意喚起がされています。今回は特に空気清浄機などの、衛生面対策のものが多く取り上げられているようです。

自分で自分自身の身を守らなければいけないと考えるのは当然のことですから、こういった便乗商法が成り立ってしまうのはしょうがないことでもあります。

ただし、消費者の中には一定層の割合で、こうした便乗商法に対しての嫌悪感を抱く人たちがいるというのも事実です。ここに注意していない業者はネット上で叩かれる的となり、その後の商売にまで影響が出てしまうといったことも多々あるようです。

 

例えば、

 

①福島原発事故後のミネラルウォーター

自社のミネラルウォーターは放射能を浴びていないというような謳い文句を語り、販売する業者が増えました。

②大型台風後の屋根のふき替え工事

屋根のふき替え工事が必要になっているという言葉で契約させて、手抜き工事ですぐに雨漏れしてしまうといったことが多々あったようです。

 



 

長い目で見れば、こういった商法で顧客を増やしても、良い評判は生まれない可能性のほうが高く、マイナスにしかならないような気がしますが、短期的に儲けを出して、すぐに撤退するという考えの人もいないわけではありません。

 

1人1人がこういったものに騙されないように、情報収取をしっかりして自分の意見を持つことが必要なのだと思います。

 

2020.2.28苦しい時こそ業務の見直しが効果的!

新型コロナウイルスの影響がいろんなところに出てきましたね。

安倍首相が全国の小中高校や保育施設などの休校要請を出したことで、教育現場が大変な状況になっているのは容易に想像できます。企業側としても、子供がまだ小さいご家庭の方の場合、いつも通りに勤務するのが難しいということも多くなるので、まったく他人事として見ることはできない話ですね。

インフルエンザのように、特効薬が出てくるまでは、暫くこの状況は続くのかと感じます。

私達も出来るかぎりの体制作りをしなければいけないという中で、改めて、業務をこの際に見直ししていく必要があるなと考えます。世の中ではテレワーク推奨という流れができていますが、なかなか簡単にはいかないのも事実。

そこで必要になるのが、業務の見直しだと思います。

 

■その業務、簡単にできる?

こういう状況でなければなかなか普段やっていることが正しいのか、効率的にできているのかというのを考えることは少ないですよね。テレワークを導入するにもやはり、“今の業務はどうなのか?”という視点が必要です。 効率的にできていないと感じるのであれば、どんな業務に置き換えることができるのか、どんなツールで効率化やコストカットができるのかという視点からはじめて、テレワーク化するにはどうすればいいのかというのが見えてきます。 例えば営業職。営業はお客様のところに行ってナンボという考えが未だに根付いていますが、職種や業種によっては対面型の営業をもう必要としていないものまで多々出てきています。世界的に有名なテスラモーターズに至っては、ディーラーを持たずにネットでのみ販売をするモデルで全米一位の車メーカーになっていますしね。数百万以上するものでも、専門家の説明を聞かなくても、購入する人がいる。 顧客の購買プロセスが変わったということにハッとさせられますね。 経理等の事務職はもっと簡易的にリモートワークが可能でしょう。一番手っ取り早いのはオンライン上のツールに切り替えるということ。もしくはクラウドサーバーにデータを集積するというだけでも、ほぼリモートワークが即時可能になるようです。  

■ピンチをチャンスに変える意識変化を

間違いなく、この状況はほとんどの企業にとって苦しい場面になってくるでしょう。 私たちもいろんな製品やサービスを企画している会社ですが、こういう場面でこそ企画力というものが活きてきます。ただ自社のみが利益が出るような企画ではなく、顧客や顧客のもとにいるお客様まで、みんながどうしたら良い状況になるのかというのを考えることで、前向きな力が生まれ、次の一歩を踏み出す原動力になると思います。 まだまだ先は見えませんが、少しでも良い状況になる何かを考えていこうと思います。

2020.2.21先読みをすることでリスクヘッジはできる?

ここ最近、テレビやインターネットの話題を席巻している、新型コロナウイルス(COVID-19)。

長野でも受け入れた地域があり、他県でも発症のニュースが出るたびに自分たちも他人事では済まされないなと考えさせられます。

予防対策をしようにも、お店からはマスクが消え、消毒液などもかなり品薄になってきていますね。マスクに関しては政府発信で、生産体制を強化し、来週には国民の手に届くという声明が出されていましたが、一週間経った現在でも改善されていると感じることはあまりありません。

こういった状況だからこそ、自分達で身を守る必要があります。

会社内でも、この新型コロナウイルスに対する予防策や、感染者が出てしまった場合の想定は予め必要最低限はしているつもりですが、やはりその際に必要なのは“正しい情報”ですね。

この正しい情報をどのように掴み、先読みをすることでどれくらいリスクヘッジができるのかというのを考えたいと思います。

 



 

■正しい情報を掴むには?

今回の件でいうと、やはり正しい情報というのはその道のプロの方々が発信する内容にあたるのではないでしょうか。テレビなどにも専門家の方がよく出演されており、それぞれの私見を語られていますが、そういった情報や、個人や病院・研究所などの情報発信しているもの(ブログやツイッター等)も参考になるでしょう。 専門家の意見がそれぞれ違った内容であった場合には、自分なりの仮説や、そのほかの情報からの推察を持って、自分としての信じられる情報というのを構築していく必要がありますよね。もちろん、これが一番難しいことなんですけど。。    

■情報から考えられる対応策を知る

情報を知っただけでは何も変わりません。そこから何かしらの行動が必要になってきます。今回の件では、マスクを早い段階でまとめ買いしておいた方々は、自己防衛としては非常にリスクを減らせた可能性が高まったのかもしれません。もちろん、そのマスクを高額で転売するといったものは別問題ですが。  

■ビジネスに通じる先読み力

普段仕事をしている中で、物事を先読みする力というのはとても重宝される能力ですね。 例えば、Aさんが〇〇という提案をする際に、「社長、今回の〇〇はこれが非常に優れています!絶対にこれならいけますよ!」というような提案をするよりかは、「社長、今回の〇〇はこの部分が非常にメリットがある部分です。でも、もしかしたらこういう問題が起こるかもしれないので、こういった対処が必要になります!」という提案のほうが人を動かすことができますよね。 先を読む力と、そこを解決する対応力というのが普段の仕事でも活きてくるのだと思います。 日常から、こういった能力を高められるように訓練していきたいものです。   弊社へのお問い合わせはこちらからお願いします。

2020.2.14オーダーメイドビジネスのメリット・デメリットとは?

オーダーメイドという言葉には不思議な響きがあります。

「オリジナル」「自分だけのもの」「世界でひとつだけのもの」

こういった響きは、商品やサービスを欲するお客様にとっては、とても魅力的に映りますよね。

戦後復興時の日本では、こういったオーダーメイドなものではなく、大量生産の規格品が世の中に広がり、大衆的なサービスや商品が広がることで経済が発展していきました。

現在はある程度物が溢れる時代に突入し、より欲求に従った購買活動が顕著になっています。もちろん、日本全体の経済成長は停滞していますが、この「オーダーメイド」という言葉で表現されるものは、この苦しい時代に於いても成長しているようです。

 

それでは、このオーダーメイドというものを用いたビジネスのメリットとデメリットを考察してみます。

 

■オーダーメイドビジネスのメリット

・他社との差別化を図りやすい ・既製品よりも柔軟性に富んだ展開が可能 ・顧客単価を上げやすく、収益性を高めやすい   その他にも様々あるかと思いますが、こんなところでしょうか。これだけ商品やサービスが溢れていますから、他社との差別化が図りやすいという点は非常に大きなメリットになりそうですね。    

■オーダーメイドビジネスのデメリット

・工程を間違えると、ものすごく手間がかかるモデルになりやすい ・こだわりが強い分、ターゲット層が広がりづらいことがある ・集客・販売に工夫が必要   こだわりが強すぎると、共感してもらえる層が狭まることはよくあることです。普遍的なビジネスモデルよりもニッチに重きを置く場合が多く、その場合には相対して集客に苦戦する場合が多々あります。    

■まとめ

オーダーメイドビジネスはお客様にとっても、社内のメンバーにとっても、うまくいけばとても魅力的なビジネスモデルになります。特にマーケティングが上手な場合はこのオーダーメイド型のビジネスモデルに挑戦することで、自社の強みを目一杯アピールできるものになるのではないでしょうか。 逆にマーケティングに疎い場合には、集客や販売に力を入れないと、なかなか思ったようなお客様が定着しない、売り上げが伸びないといったことになりそうです。 自分たちがどちら側なのかということや、どの方向性に進んでいきたいのかといったところを照らし合わせて、「オーダーメイド」という特別感を演出できれば、会社としてのブランディングに効果を発揮しそうですね。是非チャレンジしていきたいものです。   商品に関するお問い合わせはこちらからどうぞ

2020.2.7形状記憶合金はどんな素材?何に使える?

形状記憶合金という名前、一度は耳にしたことがある方も多いことでしょう。
では、その形状記憶合金はどんなものか?何に使われているのか?と聞かれて、パッと思い浮かびますか?
名前は一般的でも、あまり知られていない形状記憶合金に関しての概要をまとめてみました。



 

1.形状記憶合金はどんな素材なの?

形状記憶合金とは、変形を加えた後にそれをある程度の温度以上で加熱すると,一瞬にして変形前の形に戻る性質を持った合金を指します。 チタン・ニッケル合金、銅・亜鉛・アルミニウム合金などが素材としては主なものですが、強度,耐久性,耐摩耗性などに大きな利点があるため、様々な用途で用いられるようになりました。 私達の商品でもある“グレイパー”もこの形状記憶合金の仕組みを使って開発された製品になります。  

2.どんな使用用途があるの?

形状記憶合金は、これまでの素材などでは成しえなかった機能性素材として、衣類や自動車、建築物まで幅広く使われています。身に着けるものなどでは、最近だと眼鏡のフレームなどにも使われています。 実は、身近なところでたくさんの製品の素材として使われているので、「あっ、これも形状記憶合金なんだ。」というものが見つかることでしょう。私が形状記憶合金だと知って驚いたものの一つとして、携帯電話のアンテナなんてものもありました。(もうアンテナ付きの携帯電話を使っている人もほとんどいないかと思いますが。)  

3.形状記憶合金の日はいつ?

調べてみたら、形状記憶合金の記念日なるものがあると!これは初耳です。 1982年の8月9日に形状記憶合金というものを東北大学の研究グループが発表したそうで、8月9日は「形状記憶合金記念日」とされているようです。ここから形状記憶合金は躍進していったんでしょうね。   いかかでしたでしょうか? 形状記憶合金という、知ってるようで知らない素材を私達ももっと活用できるようにしたいですね。   形状記憶合金を使った、作業補助用具「グレイパー」